オールインワンでもシミ対策は可能?どこまで期待できる?

オールインワンに関してよく言われるのが「単品のアイテムを使ったケアに比べて効果が劣る」です。

低刺激重視だと美白効果が十分に得られない可能性も

化粧水、美容液、乳液、クリーム、さらには化粧下地など幅広い役割を備えているオールインワンが増えています。

 

しかしそれぞれのアイテムを単品で使用する場合に比べてどうしても効果の点では落ちてしまうというのです。

 

シミ対策の場合、美白美容液や美白化粧水を単品で使用してもなかなか効果を実感できないことも多いのも実情。

 

「オールインワンではとても効果は期待できないだろう」と思う方も多いはずです。

 

実際のところ美白ケア用のオールインワンでどれぐらいの効果が期待できるのか?

 

効果にはどうしても個人差が出てくるので一概に言うことはできないわけですが、いくつかのポイントがあります。

 

オールインワンによるシミ対策の特徴
・単品のアイテムでケアする場合に比べて難易度が高い
 →美白用のオールインワン化粧品は1本でひと通りのケアができるが、美白成分が肌に合わない場合には製品を切り替えることでスキンケア環境全体を変更しなければならない
・摩擦による刺激を減らせる
 →スキンケアの際に指で肌を擦る刺激がメラニン色素を増やしてシミの原因となっているケースも
  塗布による摩擦を減らせる
・肌環境そのものをバランスよく改善していくことができる
 →必要な成分がバランスよく配合されているので、単品のアイテムを使う場合に比べて特定の成分が足りない、逆に過剰になってしまうといった問題ない

 

単品のアイテムでケアする場合にはもし期待した効果が得られなかったり、肌に合わなかった場合にはそのアイテムだけを切り替えれば済みます

 

美白美容液を使う場合には化粧水、乳液、クリームはそのままで美容液だけを切り替えればよいわけです。

 

つまり基本的なスキンケア環境はそのままで美白環境だけを調整していくことができます。

 

これは単品のアイテムの方が効果が高いといった点以前にケア環境を整える部分で大きなマイナス点となります。

 

そうなるとどうしても肌への刺激が少ない製品を選ばざるを得なくなるため、美白効果が十分に得られない傾向も見られます。

 

美白美容液を使う場合は最初は低刺激な製品を試してみて、問題なさそうならもう少し高い効果が期待できる、

 

美白成分の配合量が多い製品に切り替えてみるといった使い方もできますが、オールインワンではそれも難しいのです。

オールイワンの最大のメリットは摩擦の刺激を避けれること

ただデメリットだけではありません。見逃せない大きなメリットもあります。

 

摩擦の刺激を避けることができる点や様々な成分をバランスよく補える点です。

 

塗布による刺激を減らしながら、効率よく保湿ができることでバリア機能を高め、ターンオーバーを活性できればシミそのものができにくい肌作りを目指すこともできるのです。

 

結論から言えば即効性では単品のアイテムの方が適しています。

 

ただ肌に負担をかけずに時間をかけてじっくりと取り組んでいきたい場合にはオールインワンでも単品のアイテムに負けない、あるいはそれ以上の効果が期待できるでしょう。

 

オールインワンのシミ対策効果のまとめ

  • 塗布による摩擦を減らしてシミができやすい環境を予防
  • 色々な有効成分をバランスよく補って肌環境全般を改善できる
  • 美白成分が合わない場合はスキンケア全体を変更しないといけない
  • 即効性は単品使いより弱め

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの口コミと効果>>

美白のオールインワンでも保湿が大事な理由

ひと昔前の美白化粧品ではもっぱら美白成分の効果が重視され、アピールされていました。

保湿ができないとメラニン色素が作られやすくシミになりやすい

配合されている美白成分がいかに美白効果に優れているか、シミ・くすみの原因になるメラニン色素を防ぐことができるか。

 

現在でもこの美白成分の効果は美白対策における重要なポイントですが、それ以外のアプローチも重視される傾向が見られます。

 

とくにオールインワンで美白を行っていく場合には美白効果以上に保湿効果が求められる部分もあるのです。

 

どうして美白保湿が欠かせないのか?それはシミ・くすみができてしまう肌環境と深いかかわりがあります。

 

パーフェクトワン美白口コミ効果オールインワンシミ対策

シミはメラニン色素が沈着を起こすことで生じるわけですが、もともとメラニン色素は肌を刺激から保護する大事な役割を担っている物質です。

 

問題なのは生成量が増加してターンオーバーで排出しきれない状況に陥ってしまうことで、その結果排出されなかった分が角質に沈着を起こして茶褐色のシミができてしまうことになります。

 

美白成分はこのメラニン色素の生成をブロックする働きを備えているわけですが、そもそも刺激に強い肌を維持できていればメラニン色素が過剰に生成される環境を防ぐことができるわけです。

 

角質層からセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分が減少していくと角質層の構造に乱れが生じ、紫外線をはじめとした外部からの刺激に対して敏感になってしまいます。

 

その結果紫外線を浴びる、刺激の強い洗顔料を使用するといったちょっとしたきっかけでメラニン色素が増加し、シミのリスクを高めてしまうわけです。

美白だけでなく保湿もしっかりできるものを選びたい

これではいくら美白成分でメラニン色素の生成をブロックしても十分な効果は期待できないでしょう。

 

もうひとつ厄介なのはバリア機能が低下すると美白成分そのものが使いづらくなってしまう点です。

 

美白成分は効果が高いものほどどうしても肌に負担がかかってしまいます。

 

ハイドロキノンなどは乾燥肌には適していませんし、極端に敏感肌になっていると美白対策そのものができなくなってしまう恐れもあります。

 

そんな環境を防ぐためにも保湿が欠かせないのです。

 

パーフェクトワン美白口コミ効果オールインワンシミ対策

オールインワンの場合、1本でひと通りのケアを行うため保湿が特に重要になります。

 

単品のアイテムでケアする場合のように美容液で美白を行い、化粧水とクリームで保湿をするといった役割分担や調節ができませんから、オールインワンの中で美白と保湿の両方をしっかり完結させる必要があるからです。

 

まず自分の肌に合った保湿効果を備えているか、そのうえで配合されている美白成分が肌に負担をかけずに問題なく使用できるかを判断したうえで製品を選んでいくことになります。

 

くれぐれも美白成分だけに気をとられて美白オールインワンを選ぶようなことは避けましょう。

 

美白オールインワンでも保湿を重視したい理由
乾燥はバリア機能の低下をもたらす
 →外部からの刺激を受けやすく、シミができやすくなる
   有効成分が使いづらくなり、効率的な美白ケアがしづらくなる

 

年齢・肌質でも違う?美白目的でオールインワンを選ぶポイント

美白をオールインワン化粧品で行っていく場合には美白化粧水や美白美容液といったアイテムを単品で使用するよりも慎重な判断が求められます。

自分の肌質に合ったものを選ぶことが大前提

 

単品のアイテムは効果が得られなかったり肌に合わなかったりすればそれを切り替えれば済みます.

 

しかしオールインワンの場合は合わない製品を切り替えようとするとスキンケア全体を切り替えなければならなくなるからです。

 

そのためにも自分の肌質に合ったものを選びましょう。

 

肌質とオールインワンの関係
美白成分の刺激にどれだけ耐えることができるか
 →脂性肌・普通肌のようにバリア機能が働いている状態:ハイドロキノン配合も使える可能性が高い
   乾燥肌・敏感肌:低刺激を優先


美白成分は効果が強い種類ほど肌への負担が大きくなる傾向があります。

 

典型的な例がハイドロキノンで「肌の漂白剤」とも言われる優れた美白効果に対して肌荒れなどのリスクを抱えています。

 

ただ低刺激ばかりを意識すると期待したほどの美白効果が得られない場合もあります。

 

となると自分の肌に無理なく使える範囲内でできるだけ効果の高い製品を選んでいくことが求められます。

 

ハイドロキノンに関しては製品に濃度が記載されており、多くの製品は1〜3%の濃度で配合されています。

 

自分の肌がどの程度の濃度に適しているのか、慎重に判断したうえで選択したいところです。

 

一方乾燥肌・敏感肌ではやはり低刺激を重視して選ぶのが大前提です。

 

冒頭でも触れたようにせっかくよいスキンケア環境を整えることができたのに美白成分だけが問題を抱えてしまうことで、スキンケア全体を変えなければならないのがオールインワンの難しいところです。

 

ビタミンC誘導体やプラセンタなど効果よりも低刺激が特徴の美白成分を選んでできるだけ負担を避けましょう。

年齢を重ねるほど肌環境を改善する効果が大事

年齢によって肌質が変化してくる面もあるので注意したいところ。

 

基本的には乾燥とバリア機能の低下が加速して刺激に敏感な状態になっていきます。

 

ですから年齢を重ねるにつれて美白成分は低刺激なものへと切り替えていくのが基本的な形となるでしょう。

 

とくに36〜37歳くらいから肌の老化が急速に加速する傾向があります。

 

その為この時期に思い切ってスキンケア環境を全面的に改めることを前提にオールインワンを選んでみるのもよい選択肢です。

 

年齢を重ねれば重ねるほど肌の健康と機能が低下していきますから、美白成分だけでなく肌の老化をいかにカバーすることができるかも美白対策の重要なポイントです。

 

とくに保湿とターンオーバーの活性化は不可欠、乾燥がとくに気になる方はセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分を、

 

肌のくすみやカサつき、ゴワつきが気になる方はEGF、プラセンタといったターンオーバーを活性化させる成分を補えるオールインワンがオススメです。

 

簡単に言えば年齢を重ねるほど、乾燥とバリア機能の低下が進んでいるほど美白成分よりも肌環境を改善する効果を重視して選んでいくことになります。

 

年齢や肌質に合った美白オールインワンの選び方

  • 普通〜脂性肌:美白効果を優先、ハイドロキノンも低濃度から試せる可能性が高い
  • 乾燥、敏感肌:低刺激を優先、保湿力をアップしバリア機能を改善する
  • 年齢を重ねたら美白成分も低刺激なタイプに
  • スキンケア全体を見直して、ライン使いからオールインワンに切り替える

 →乾燥が気になる:セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など保湿成分を補う
   くすみ、かさつきが気になる:EGFやプラセンタなどでターンオーバー活性化

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの口コミと効果>>

パーフェクトワンモイスチャージェルを使った効果と口コミ

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル
4500万個突破!たるみとシミを同時に防ぐ日本で最も売れているオールインワン


みずみずしくてべたつかず、浸透がすごく早いというほどではないけど、その分肌のすみずみまで潤っているのが実感できます。ぼんやりとくすんでいた肌が、キメが整ってきたこともあって明るく見えるようになりました。ガンコなシミにはまだ変化を感じられないけど手軽に肌への負担なく毎日美白ケアが出来るのが嬉しいです。
人気オールインワン「パーフェクトワン モイスチャージェル」の美白ケアジェル。ハリを生むパーフェクトワン独自の7種類の複合型リフティングコラーゲンに、美白有効成分(アルブチン・トラネキサム酸)をW配合。保湿だけでなく、シミ・くすみケアもできるオールインワンです。オールインワンの手軽はそのままで美白ケアまで叶う人気のジェルです。
ハリ+美白4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
公式HPへパーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル
パーフェクトワンモイスチャージェル
リフトアップに効果的な7種類のコラーゲンを配合した大人気オールインワン


使い始めは少しペタペタする感じがしましたが、今では肌が柔らかくなってきたおかげか、浸透もスムーズになりその後のモッチリ感が気持ちいいです。目元や口元は重ねづけすると物足りなさを感じないし、あれこれ付けていた時期よりも肌が元気になっているような気がします。
日本で最も売れているオールインワン。働きの異なる7種コラーゲンを組み合わせた複合型リフティングコラーゲンが、肌表面から角質層のすみずみまで浸透し肌全体を保湿、弾力を生み出します。さらにヒアルロン酸や和漢植物エキスなど50種類もの保湿成分を配合、年齢肌の乾燥・ハリ不足ケアもしっかりできるオールインワンです。
3,800円→3,500円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回1,900円(2回目以降10%OFF)税別
公式HPへパーフェクトワン モイスチャージェル