パーフェクトワンモイスチャージェルとの違いはなんですか?

パーフェクトワンシリーズを代表する製品といえばホワイトニングジェルとモイスチャージェル。どちらも高い評価と人気を得ているアイテムですが、エイジングケアに役立てていく場合には両者の違いをよく把握したうえで自分が求めている効果が得られるものを選ぶことが大事です。

シミ・くすみが気になる人はホワイトニングジェル

ホワイトニングジェルとモイスチャージェルの違い

違いを知る前にまず共通点を知っておきましょう。パーフェクトワンの看板ともいえる「複合型コラーゲンEX」がどちらにも配合されています。

 

サイズの異なる7種類のコラーゲンを組み合わせることで角質層の隅々にまで浸透させ、保湿やバリア機能の効果を長持ちさせることができるのがこの成分の特徴、ですからどちらのアイテムも一定の保湿効果が期待できるわけです。

 

そうなると保湿効果に加えてプラスアルファでどんな効果が期待できるかがこの2つのアイテムの違いを見極めるうえでのポイントとなってきます。最大の違いはやはり美白成分が配合されているかどうかでしょう。

 

ホワイトニングジェルという名称だけあってこちらのアイテムにはシミの原因となるメラニン色素をブロックする美白成分が配合されています。

 

しかもアルブチンとトラネキサム酸の2種類が配合されているため、相乗効果による美白効果が期待できる点も大きな魅力です。

 

ですからシミやくすみが気になる方にとってはホワイトニングジェルの方が適したアイテムとなるでしょう。また乾燥やバリア機能の低下で紫外線のダメージが気になりはじめている方のエイジングケアにもピッタリです。

保湿重視の人はモイスチャージェル

ホワイトニングジェルとモイスチャージェルの違い

一方モイスチャージェルでは複合型コラーゲンEXに加えてさらに保湿成分を豊富に配合している点が大きな特徴となっています。

 

ヒアルロン酸やセラミドといったおなじみの成分に加えて紫根エキス、ツボクサエキスといった植物由来のエキスも配合することでより乾燥肌の改善や角質層の潤いをもたらす効果に優れています。

 

このように2つのアイテムの違いはおもに美白効果を備えているか、保湿効果に優れているかにあります。

 

ですからシミ・くすみを集中的にケアしたい人はホワイトニングジェル、シミの悩みはとくに深刻ではないけれどもバリア機能の低下が気になるので保湿を集中的にしたい方はモイスチャージェルがそれぞれ適していると結論付けることもできるでしょう。

 

どちらも低刺激で乾燥肌の方でも使いやすく、摩擦の刺激を減らせるオールインワン化粧品なので肌質よりも現在抱えている悩みやトラブルに合っているかどうかを意識して選んでいくのがコツです。

ホワイトニングジェルの特徴 モイスチャージェルの特徴
  • 保湿に加え美白効果に優れたオールインワン
  • 複合型コラーゲンEX配合
  • 美白成分(アルブチン、トラネキサム酸)配合
  • シミやくすみが気になる方におすすめ
  • とにかく保湿効果に優れたオールインワン
  • 複合型コラーゲンEX配合
  • 保湿成分(ヒアルロン酸、セラミドなど)配合
  • 乾燥やバリア機能の低下が気になる人におすすめ

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの口コミと効果>>

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルはシミ・そばかすにも効果ありますか?

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは美白効果を備えたオールインワン化粧品です。美白成分が配合されているだけにシミ・そばかす対策への効果が期待できます。

シミの原因を根本から防ぐ

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルのシミそばかす効果

この製品の最大の特徴はアルブチンとトラネキサム酸という2種類の美白成分が配合されている点です。

 

シミはもともとメラニン色素が角質に沈着を起こすことで発生しますが、この2つの美白成分はこのメラニン色素そのものが作られるのをブロックする働きがあるのです。

 

このメラニン色素は紫外線など肌に刺激が加わったときに生成されるため、日焼けやシミ、くすみなどの問題を引き起こしてしまいます。ですから作られる段階で防ぐことでシミの原因を根本から防いでいくことができるわけです。

 

しかもアルブチンとトラネキサム酸が相乗効果を発揮することで従来の美白成分よりもより高い美白効果も期待できます。もともと刺激に敏感な方だけでなく、メラニン色素の生成がもともと多めな方の美白対策にも適しています。

 

またトラネキサム酸には肌荒れを改善する働きも備えているのもポイントです。

 

肌荒れはメラニン色素を増加させてしまう大きな原因ですから、それを抱えたままではいくらメラニン色素をブロックする美白成分が効果を発揮しても効果に限界が出てしまいます。

バリア機能の修復もシミ・そばかすに役立つ

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルのシミそばかす効果

トラネキサム酸なら肌荒れを改善しつつメラニン色素を防ぐことができるので非常に効率よく美白対策が行っていけます

 

もうひとつシミ・そばかす対策でポイントとなるのが保湿成分として配合された複合型コラーゲンEXです。

 

サイズが異なる7種類のコラーゲンを配合することで角質層の隅々にまで行き渡り、全体に潤いをもたらす効果を備えている成分で、乾燥の改善だけでなくバリア機能の修復にも効果が期待できます。

 

バリア機能が低下しているとちょっとした刺激に肌荒れを起こしたり、紫外線のダメージを受けやすくなったりといった問題が出てしまいます。

 

トラネキサム酸による肌荒れ対策に加えてこのリフティングコラーゲンによるバリア機能の改善もシミ・そばかす対策に役立つわけです。

 

とくにそばかすは紫外線のダメージで悪化することが多いと考えられていますから、複合型コラーゲンEXの役割は非常に大きいといえるでしょう。

 

このように美白成分のメリットを引き出しつつ、美白成分だけに頼らない効果を備えている点が薬用ホワイトニングジェルの最大の魅力といえるのではないでしょうか。

 

即効性の面ではあまり期待できない面もありますが、その分肌に優しくじっくりと時間をかけてケアしていける点も特徴です。

  • パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルはシミの原因を根本から防いでくれる
  • パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは肌荒れを改善する成分配合で、効率よくシミ・そばかすをケア

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの対象年齢は何歳ですか?

シミやくすみ、そばかすの悩みには個人差が出てくるので美白ケアに適した年齢はいつか?という質問に対するはっきりとした答を出すのは簡単ではありません。パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの対象年齢でも同様で、極端な話「シミやくすみが気になり始めた段階が対象年齢」が一番穏当な答となるでしょう。

コラーゲンが減少していく30歳前後におすすめ

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの対象年齢

ただこのアイテムの特徴をよく見ていくとある程度適した年齢層が見えてくる部分もあります。まず主成分といってもよい複合型コラーゲンEXの存在です。

 

これはそれぞれサイズが異なる7種類のコラーゲンを組み合わせて配合したもので、サイズが小さなコラーゲンは角質層の奥深くにまで浸透し、大きなコラーゲンは表皮近くに留まり水分を抱え込む役割を担います。

 

これはちょっと角質層におけるコラーゲンの含有量が減少していく30歳前後の肌に適している特徴でもあります。

 

またコラーゲンの減少は30代半ば〜後半にかけて急速に加速していくため、乾燥やバリア機能の低下といった問題がシミ、くすみなどのトラブルの原因となりがちです。複合型コラーゲンEXはこうした状況を防ぐのに適しているといえるでしょう。

 

さらにもうひとつ、30代後半〜40代前半にかけて乾燥やターンオーバーの乱れなどが進んでいくことで肌に有効成分が浸透しにくくなっていきます。

効果が得られやすいのが30代後半〜40代前半

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの対象年齢

コラーゲンを補うにしてもサイズを小さくするなど浸透性を重視する形で配合した製品を選ばないとせっかく補っても十分に浸透せずに効果が得られない恐れが出てきます。

 

この点からもサイズが小さなコラーゲンが複数配合されている複合型コラーゲンEXは大きなメリットを備えています。

 

アルブチンとトラネキサム酸の2種類の美白成分を組み合わせて配合されている点も対象年齢を推し量るうえで重要なポイントとなってきます。

 

トラネキサム酸には美白効果に加えて肌荒れを防ぐ働きがあるため、メラニン色素の生成をブロックする働きに優れたアルブチンと組み合わせることで相乗効果が期待できます。

 

ですからバリア機能が低下して刺激に敏感になった肌ほどこの相乗効果が得られやすいわけです。バリア機能もやはり乾燥と同じように肌の老化が加速していく30代後半〜40代に急速に低下していきます。

 

もちろん、個人差がある以上20代後半〜30代前半の美白化粧品で使う余地は十分ありますが、配合されている成分のメリットがもっとも得られるのは30代後半〜40代前半となるでしょう。

 

あくまで目安ですが、本格的なエイジングケアが必要になる世代でもあるので頭に入れておくとよいのではないでしょうか。

  • パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルはコラーゲンの含有量が減少していく30歳前後の肌に適している
  • 肌荒れも防ぐ美白成分が配合されているため、刺激に敏感になった肌ほど相乗効果が得られやすい
  • パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルは配合されている成分のメリットがもっとも得られるのは30代後半〜40代前半

アルブチンとトラネキサム酸の効果を教えて下さい。

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの特徴として挙げられるのが美白成分としてアルブチンとトラネキサム酸の2種類を配合している点です。パーフェクトワンシリーズに共通している複合型コラーゲンEXにこの2つの美白成分を加えることで美白と保湿の両方を行っていける点、2種類の美白成分を組み合わせることでこれまでの美白化粧品よりも高い美白効果が期待できる点の2つが評価されているのです。

アルブチンはメラニン色素が作られるメカニズムをブロック

アルブチンとトラネキサム酸の効果

そうなるとどうしてこの2種類の美白成分が選ばれたのか?が気になるのもごく自然のことでしょう。

 

組み合わせることでどんな相乗効果が得られるのか?ほかの美白成分との組み合わせではダメなのか?と疑問を抱く方も多いはずです。

 

2つともよく美白化粧品に配合されている代表的な美白成分ですが、効果をもたらすメカニズムにはかなり違いが見られます。

 

アルブチンの場合、メラノサイトでメラニン色素が作られる過程で重要な役割を担っているチロシナーゼという酵素の働きを抑制する働きを持っています。この作用によってメラニン色素が作られるメカニズムをブロックすることができるわけです。

 

一方トラネキサム酸もメラニン色素の生成を抑制する点では共通していますが、こちらはメラノサイトの働きを活性化させるプラスミンという物質の働きを抑制する働きを備えています

 

メラノサイトがきちんと活動しないとメラニン色素が作られませんから、結果的に生成量を減らすことができるわけです。

トラネキサム酸はメラノサイトの働きそのものを抑制

アルブチンとトラネキサム酸の効果

このようにアルブチンはメラニン色素が作られるメカニズムを抑制する、トラネキサム酸はメラノサイトの働きそのものを抑制する働きを持っています。

 

つまりメラノサイトの活動を停滞させつつ、そのメラノサイトも含めたメラニン色素が作られていくメカニズムそのものも抑制する、2段階のアプローチでの美白ケアができるわけです。

 

もうひとつ重要な違いはトラネキサム酸には肌荒れを防ぐ効果も備えている点です。

 

先述のプラスミンは肌荒れを引き起こす働きもあるため、それを抑制することで刺激に敏感な肌がちょっとした刺激に肌荒れを起こしてしまうのを防ぐことができます。

 

この効果が複合型コラーゲンEXと結びつくことで保湿とバリア機能の改善に役立つ点も大きなメリットです。

 

このように似ているようで微妙に違うこの2つの美白成分の働きをうまく組み合わせて相乗効果を目指している点がパーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの特徴です。

 

ハイドロキノンやビタミンC誘導体ではなくあくまでこの2つの成分が組み合わされている理由も理解できるのではないでしょうか。

  • アルブチンはメラニン色素が作られるメカニズムをブロックすることができる美白成分
  • トラネキサム酸はメラノサイトの働きそのものを抑制する働きを持つ美白成分
  • トラネキサム酸には肌荒れを防ぐ効果も備えている

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルのコラーゲンの特長は?

オールインワン化粧品として高い評価を得ているパーフェクトワンシリーズに共通している成分が「複合型コラーゲンEX」です。薬用ホワイトニングジェルにも配合されており、美白対策だけでなく保湿対策にも役立てられる点が人気の秘密となっています。

7種類のコラーゲンが組み合わされているのが特徴

コラーゲンといえば保湿に欠かせない成分としておなじみですが、このパーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルに配合されている複合型コラーゲンEXは7種類のコラーゲンが組み合わされているのが最大の特徴です。

《7種類が組み合わさった複合型コラーゲンEX》
保護コラーゲン、皮膜コラーゲン、ベビーコラーゲン、浸透コラーゲン、カプセルコラーゲン、オイルコラーゲン、集中保湿コラーゲン

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルのコラーゲン

コラーゲンはよく肌に浸透しにくい難点を抱えているとよく言われます。

 

とりわけ乾燥でカサカサになった肌やターンオーバーの乱れで角質が表皮に蓄積してしまった肌にそのままコラーゲンを補ってもなかなかうまく浸透せず、効果が得られにくいのです。

 

複合型コラーゲンEXではその問題を解消するため、サイズの小さなコラーゲンを配合しています。

 

7種類のコラーゲンのうち集中保湿コラーゲンと浸透コラーゲンはサイズが小さく、角質層の隅々にまで浸透していくことができます。

 

表皮だけ潤っても角質層が乾燥しているインナードライの問題を抱えてしまうことがありますが、このアイテムならそのような心配もなく角質層全体に潤いをもたらすことができるわけです。

 

一方、乾燥が進むと肌の内部に水分を抱えこむ保水力も低下してしまい、せっかく美容液や化粧水で水分と美容成分を補っても長くとどまることができずに蒸発して失われてしまいます。

サイズの異なったコラーゲンを配合

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルのコラーゲン

それを防ぐため、あえてサイズの大きなコラーゲンも配合されています。保護コラーゲン、皮膜コラーゲン、ベビーコラーゲンは表皮近くに留まることで水分を抱え込むとともに、角質層から水分が蒸発するのを防ぐ膜のような役割を果たします。

 

サイズの大きなコラーゲンと小さなコラーゲンそれぞれの特徴を活かしつつ浸透性と持続性の両方を目指しているわけです。

 

さらにもうひとつ、角質層に浸透すると水分を抱え込みながら膨張する性質を持った3倍膨潤コラーゲンも含まれています。保水力を高めることで先ほど触れた水分を保つ持続性のアップが期待できるのです。

 

こうしてみてもパーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルのコラーゲンは年齢肌や乾燥肌の悩みを分析したうえで工夫されていることが窺えます。だからこそ美白と保湿の両方が出来る点が高く評価されているのでしょう。

 

これまでコラーゲン配合のスキンケア製品を使ってもなかなか乾燥が改善されなかった、またはケアした直後は潤っているのに時間が経過すると乾いてしまうといった悩みを抱えている方はこれまで挙げてきた年齢肌ならではの悩みを抱えている可能性があります。

 

そんな方にこの薬用ホワイトニングジェルはエイジングケアのよいパートナーになってくれる可能性を秘めているでしょう。

  • パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルには7種類のコラーゲンが組み合わされた複合型コラーゲンEXを配合
  • パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルにはサイズの大きなコラーゲンと小さなコラーゲンそれぞれの特徴を活かしつつ浸透性と持続性を高めている
  • パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルには水分を保つ持続性のアップが期待できる3倍膨潤コラーゲンも配合

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの口コミと効果>>

パーフェクトワンモイスチャージェルを使った効果と口コミ

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル
4500万個突破!たるみとシミを同時に防ぐ日本で最も売れているオールインワン


みずみずしくてべたつかず、浸透がすごく早いというほどではないけど、その分肌のすみずみまで潤っているのが実感できます。ぼんやりとくすんでいた肌が、キメが整ってきたこともあって明るく見えるようになりました。ガンコなシミにはまだ変化を感じられないけど手軽に肌への負担なく毎日美白ケアが出来るのが嬉しいです。
人気オールインワン「パーフェクトワン モイスチャージェル」の美白ケアジェル。ハリを生むパーフェクトワン独自の7種類の複合型リフティングコラーゲンに、美白有効成分(アルブチン・トラネキサム酸)をW配合。保湿だけでなく、シミ・くすみケアもできるオールインワンです。オールインワンの手軽はそのままで美白ケアまで叶う人気のジェルです。
ハリ+美白4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
公式HPへパーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル
パーフェクトワンモイスチャージェル
リフトアップに効果的な7種類のコラーゲンを配合した大人気オールインワン


使い始めは少しペタペタする感じがしましたが、今では肌が柔らかくなってきたおかげか、浸透もスムーズになりその後のモッチリ感が気持ちいいです。目元や口元は重ねづけすると物足りなさを感じないし、あれこれ付けていた時期よりも肌が元気になっているような気がします。
日本で最も売れているオールインワン。働きの異なる7種コラーゲンを組み合わせた複合型リフティングコラーゲンが、肌表面から角質層のすみずみまで浸透し肌全体を保湿、弾力を生み出します。さらにヒアルロン酸や和漢植物エキスなど50種類もの保湿成分を配合、年齢肌の乾燥・ハリ不足ケアもしっかりできるオールインワンです。
3,800円→3,500円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回1,900円(2回目以降10%OFF)税別
公式HPへパーフェクトワン モイスチャージェル